食べたり飲んだりつぶやいたり。

by なみ

行けないと思っていたところへ③

(※この旅レポは3本立ての3本目です→レポ①レポ②
お時間ある時に気が向いたらどうぞ)

2日目。
この日は朝から高速バスにて出雲に向う予定。
身支度をして朝ごはん。
このホテルの朝食では、地域の食べ物、「あなごめし」が食べられます。
ご飯とパンと。欲張り朝ごはん。
美味しかった〜(о´ω`о)
b0271468_055595.jpg

とにかくこの日は緊張の一日。
なぜなら、朝7:45の広島駅からの高速バスで出雲市に向かい、そこから電車に乗り換え、おおよそ4時間かけて出雲大社に向うスケジュール。
滞在時間は1時間弱。

行きも帰りも、電車やバスに乗り遅れようものなら出雲大社に行けない、もしくは帰りの飛行機に間に合わない、というきちきちのタイムスケジュール。

出発前に友達に旅行の予定を話すと、「それ、出雲大社はまた別の機会にしたら?」と言われ、上司には、広島と出雲に行くと言っただけで驚かれもしたけれど。(遠いから)
それでも、またの機会もいつか分からないし、どうしても行きたくて決行!

それぐらい、私にとっての出雲大社も厳島神社と並び行きたかった憧れのもう一つの場所だったのです。

何が驚きって、高速バスの時間の正確さ。
1分違わず目的地に到着した。
出雲市駅。
b0271468_056032.jpg

ここから電車で「出雲大社前」まで行きます。

「出雲大社前」に到着。
ここからしばし、てくてく。
b0271468_056067.jpg

見えたー!
b0271468_056128.jpg

やっと入り口。
b0271468_056113.jpg

パワースポット、なんてあんまり意識もしていませんでしたが、何だかどーんとパワーが注いでいるような雰囲気の場所でした。
b0271468_056365.jpg

b0271468_056326.jpg

b0271468_0561019.jpg

樹齢何年だろう…と思うような大木が沢山あって。
静寂な雰囲気。厳かな空気。
b0271468_05677.jpg

b0271468_056611.jpg

沈む木の深い香りにものすごく癒された。
b0271468_0561093.jpg

周りは山。
b0271468_05676.jpg

どっしりと見守ってる感じ。
雨が降りそうなので、雲がもうそこまで来ています。
b0271468_056823.jpg

てくてく歩いて行くと…
人だかり。
そう、この日は典子さまの結婚式!

ここでこの時間しか、1時間弱しかいられないのに何ていう偶然!
可愛い典子さまの出て来られるところに居合わせることができました。

お二人のおめでたい門出に出会えるなんて、こちらもほくほく。
特に、ああいう平安装束のようなのが大好きなので、たまらなかった。
お履物は靴なのがまた可愛いかった。

規制が解けてお参り。
人と比べて屋根やしめ縄の大きいこと、分かりますか?
b0271468_056839.jpg

とにかくすごい迫力だった。
b0271468_056988.jpg

b0271468_0561194.jpg

出雲大社に行きたくてずっと憧れて、展覧会に行ったレポートもしたことありますねぇ。
こうやって、来ることができて本当に感激…(T_T)

裏側にももう一つ、お参りできるところ。
b0271468_0561184.jpg

とにかくですね、すごい気配なのですよ。
言葉でなんと言ったらいいやら…
さすがはパワースポットと呼ばれるだけのことはあるなと。

それに10月だから、神無月。
出雲では神在月じゃあないですか。
神様大集合。
ほぉぉぉ〜(〃▽〃)

…なんて短い時間ながら満喫して出雲大社を後に。
b0271468_0561234.jpg

b0271468_0561245.jpg

b0271468_0561386.jpg

大社前のスターバックスも、馴染む佇まいで何だかオシャレ。
b0271468_0561423.jpg

また出雲市駅まで向かいます。
電車の中から。
b0271468_0561474.jpg

これ、電車の左右に鳥居とお宮がありまして、何でも「電車に乗りながらお参りできる神社」とか。
この一畑電車では電車アテンダントさんという、バスガイドさんみたいな方がいらっしゃって、ガイド付き。
不思議な感じだった〜。

今では見ないパチンと切った切符とか。
懐かしい。
今じゃ切符すら買わなかったりしますもんね。
b0271468_05616100.jpg

乗り継ぎの関係でバスの出発時間まで50分程度。
ちょうど良くランチタイム。
甘鯛のソテー?のような、フライのような。
美味しゅうございました(*u u)
b0271468_0561544.jpg

さて、ここからがまた緊張。
バスですからね。渋滞なんかで遅れる可能性があります。
最大30分の余裕はあるけど、それを過ぎたら飛行機に間に合わない。

雨も降ったり、途中、軽い渋滞にも巻き込まれながら、それでもほぼ時間どおり到着ε-(´∀`; )
広島市内は雨は降っていなかった。

台風に見舞われ、1時間半離陸が遅れたものの無事、飛行機も飛んで。
東京に到着。

帰りの電車を降りるとき、出発前に旅の話をしていた友達にばったり会ってお土産も渡しました。
彼女も、台風で帰ってこれるか心配で連絡しようと思ってたと言ってくれ、不思議な遭遇でした。
いつも乗る車両とは正反対のところにいたのに。

そして、この日は一日傘をさすこともなく、地元の駅を出て初めて傘をさして。
とにかく何もかもが不思議に恵まれた、ありがたい旅でした。

このところ、思ってもなかなか上手く行かないことばかりで、自分の「願う」ことに力がないように感じてたから、「願えば叶う!」と励まされたような気持ちで帰ってきて。

思い切って行ってよかったと思う、本当に心に残る旅でした。
[PR]
by namission12 | 2014-10-14 00:56